NEWS

私たちからのお知らせ

 


2023.1.20

<令和4年度 訪問部門> アンケート結果公表

本調査は当事業所のより良い訪問支援サービスの提供を目的に、利用者様を対象に実施したアンケートの集計結果となります。
引き続き、今後も利用者様、地域にとって必要な事業所になれるように研鑽していきます。
※下のボタンをクリックいただくと結果画面が表示されます。

柏の葉訪問看護ステーション・柏の葉訪問リハビリステーション

 

2022.10.27

第9回 公開オンライン講座 開催案内 

アクトデザインでは、下記日時にて第9回公開オンライン講座を開催致します。
 ・11月18日(金)18:30~20:30
就労支援の現場から見えた本当の意味で“働く”とは
講師:山口 理貴 先生(一般社団法人Bridge 代表理事)
講座詳細は下記添付資料をご覧下さい。
 

公開オンライン講座開催のご案内.pdf

★お申し込みは↑↑↑をクリック

2022.3.3

<令和3年度 訪問部門> アンケート結果公表

本調査は当事業所のより良い訪問支援サービスの提供を目的に、利用者様を対象に実施したアンケートの集計結果となります。
引き続き、今後も利用者様、地域にとって必要な事業所になれるように研鑽していきます。
※下のボタンをクリックいただくと結果画面が表示されます。

柏の葉訪問看護ステーション・柏の葉訪問リハビリステーション

 

2022.2.28

<令和3年度 通所部門> アンケート結果公表

本調査は当事業所のより良い療育サービスの提供を目的に、各事業所の職員や保護者様を対象に実施したアンケートの集計結果となります。
引き続き、今後も利用者様、地域にとって必要な事業所になれるように研鑽していきます。
※下のボタンをクリックいただくと結果画面が表示されます。

<こども発達支援ルームまあち>

 

 <こども発達支援ルームまあち 柏たなか駅前教室>

 

 <こども発達支援ルームまあち ながれやま教室>

 

2022.2.14

<令和3年度 就労部門> アンケート結果公表

本調査は当事業所のより良い就労支援サービスの提供を目的に、利用者様を対象に実施したアンケートの集計結果となります。
引き続き、今後も利用者様、地域にとって必要な事業所になれるように研鑽していきます。
※下のボタンをクリックいただくと結果画面が表示されます。

<就労移行支援事業所Pinto>

 

2021.9.27

第8回 公開オンライン講座 開催のご案内 

アクトデザインでは、下記日時にて第8回公開オンライン講座を開催致します。
 ・10月15日(金)18:30~20:30
障がいを持つ方の『働く 』 を支援する - つながりが活きる就労支援のポイント
講師:森川 洋 先生(帝京平成大学 現代ライフ学部人間文化学科 福祉コース 准教授)
講師:黒岩 直人 先生(NPO法人自立支援ネットワーク茨城障害者雇用支援センター 管理者)
講座詳細は下記添付資料をご覧下さい。
 


公開オンライン講座開催のご案内.pdf

 

2021.6.1

就労移行支援事業所Pinto(ピント)にて就労定着支援の指定申請が認可されました!

就労定着支援とは、就労移行支援(就職6ヶ月後)終了以降に就労に伴う環境の変化による生活面での課題が生じている方に対して、雇用された企業などでの就労継続を図るため、企業・事業所や関係機関との連絡調整、就労に伴い生じる日常生活、または社会生活上の各問題に関する相談、指導・助言などの支援を一定期間(最長3年半)行います。

※就労移行支援事業所Pintoについてはコチラ


2021.3.25

<令和2年度 通所部門> アンケート結果公表

本調査は当事業所のより良い療育サービスの提供を目的に、各事業所の職員や保護者様を対象に実施したアンケートの集計結果となります。
引き続き、今後も利用者様、地域にとって必要な事業所になれるように研鑽していきます。
※下のボタンをクリックいただくと結果画面が表示されます。

<こども発達支援ルームまあち>

 

 <こども発達支援ルームまあち 柏たなか駅前教室>

 

 <こども発達支援ルームまあち ながれやま教室>

 

2021.1.19

<ぴんとカンパニー> ペアミサンガブレスレット販売開始!

就労移行支援事業Pintoから生まれた、利用者主体の仮想企業“ぴんとカンパニー”では、この度、ハンドメイド・手作り・クラフト作品のマーケット minne (ミンネ)にてペアミサンガブレスレットの販売を開始致しました。
企画構想から5か月、利用者を中心にみんなの知恵と力を合わせて、ついに販売開始になります。
ぜひ一度、チェックしてみてください!

minne商品販売ページ

※詳細は右のYouTube動画をご覧ください。



 

2020.11.18

第7回公開講座 資料とQ&A

11月13日(金)18:30~20:30に開催致しました
コロナ禍におけるメンタルヘルスケア ~心と身体と家族の絆に着目して~ 講師:藤本 昌樹 先生(東京未来大学 こども心理学部こども心理学科教授)
多くの方にご参加いただきまして、誠にありがとうございました。
 
今回の講演の資料と参加者の皆様よりいただいたご質問に先生からの回答をいただきましたので、下記、リンクよりダウンロードいただき、ご覧ください。


アクト・デザイン公開講座2020資料.pdf
アクト・デザイン公開講座2020Q&A.pdf

2020.10.12

第7回公開講座 開催のご案内について 

アクトデザインでは、下記日時にて第7回公開講座を開催致します。
 ・11月13日(金)18:30~20:30
コロナ禍におけるメンタルヘルスケア ~心と身体と家族の絆に着目して~
講師:藤本 昌樹 先生(東京未来大学 こども心理学部こども心理学科教授)
今回はコロナ感染対策としてオンライン講座とさせていただきます。
講座詳細は下記添付資料をご覧下さい。
※右側の画像をクリックすると申込みページへ進みます。
※公開講座に関するお問合せはこちら


公開講座2020開催のご案内.pdf

 

2020.12.7

<クリスマスイベント> ペットボトルツリー完成!のご報告

アクトデザインでは、毎年ご利用者様やご家族様と共に楽しい非日常体験をしていただけるように企画を考え、提供させて頂いています。
例年ですと登山やハロウィンパーティーを行っていますが、今年はコロナ禍の影響で密にならない、みんなで共有できる企画を考えました。
小児から高齢のご利用者様同士の交流とレクリエーション活動を通して成功体験を共有することを目標にペットボトルツリーの作成を行うことになりました。
企画の内容としましては、思い思いの装飾を一つ一つのペットボトルに施していただき、それらをまとめて組み上げ、できたツリーで記念撮影をし、クリスマスカードにして作成に関わった方々に配布するというものです。また静止画を撮り、繋げて動画を作成し活動を報告させて頂いています。
※右のYouTube動画をご覧ください。
今後もアクトデザインのご利用者様が安全にみんなで楽しんでもらえるような企画を考えていきたいと思います。


 

2020.8.6

新型コロナウィルス蔓延に伴う方針と対応について 

柏の葉訪問ステーションでは、引き続きご利用者様およびご家族様の安全を第一に考え、今後の対応と運営基本方針をまとめました。


柏の葉訪問リハビリステーション
柏の葉訪問看護ステーション
新型コロナウイルス感染症への対策のお知らせとお願い.pdf
 

2020.5.18

外出自粛に伴う運動不足を防ぐための運動の紹介

新型コロナウィルス感染症対策のため、日々、手洗いなど行い、不要不急の外出を控え過ごしていることと思います。しかし、動かないこと(生活不活発)による、体や心の能力の低下も危惧されます。また、体の回復力や抵抗力も低下しやすくなるため、動かない時間を減らし、自宅でもできる運動を行いましょう。


生活不活発を予防するためにできること(柏の葉訪問リハビリステーション作成)
寝て行う運動編.pdf
座って行う運動編.pdf
立って行う運動編.pdf
脳トレ編.pdf
 


<参考>
 
ロコモ予防体操「かしわロコトレ!」
柏市では、いつまでも住み慣れた地域で自立した生活を送れるよう、フレイル予防のまちづくりを進めています。その中でもロコモ予防に効果的で、気軽に楽しく取り組んでいただけるオリジナルロコモ予防体操「かしわロコトレ!」があります。
 
外出できない時に体力を落とさないためのリハビリ
公益社団法人 日本理学療法士協会
 
リガクラボ
公益社団法人 日本理学療法士協会が運営。あなたの毎日に笑顔をプラスするWEBメディア
 
一般社団法人 日本作業療法士協会
「こころとからだの不調」を引き起こす前に、毎日の生活をふりかえってみませんか?生活の変化に気づくためのチェック表を使ってみてください。
 

2020.4.9

緊急事態宣言発令に伴う事業所運営について 

利用者様およびご家族様の安全を第一に以下のように各事業所は運営致します。


こども発達支援ルーム まあち
こども発達支援ルーム まあち 柏たなか駅前教室
こども発達支援ルーム まあち ながれやま教室
緊急事態宣言発令に伴う対応について(お知らせ).pdf


柏の葉訪問リハビリステーション
柏の葉訪問看護ステーション
新型コロナウイルス感染予防の体制について.pdf


<参考>
新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省)